先日 バイクに乗る際に使うスジをご紹介しました。

 

今日はテニスをやる際 「 スジがいい 」と言われるスジについて考察してみたいと思います。

テニスで使うスジも、バイクに乗るスジと同じ「 心・小腸経 」を使います。

 

フォアハンドは、小腸ラインに沿って、足〜股関節〜体〜腕〜ラケットと力を伝えていきます。

テイクバックでは、肩を入れ、上半身を捻り、右足の小腸経に力を溜めます。

諸事情により ラケットではなく、バットになっていますがご容赦下さい 笑

 

バイクのフォーム同様、ある種の美を感じますね。

「 この構えしかない 」とでも言ったらいいのか

 

地面を蹴って、小腸ラインに沿って、力を上へ上げていき

 

腰~背中~腕の小腸ラインと力を伝え 打ちます!

この経絡を運動線として使った動作は、する側も 見る側も なにかの摂理に従った心地よさを感じると思います。

私も日々この経絡線に沿って治療を行い 何かに調和する心地良さを感じています

 

バイク同様 フォームに迷ったら小腸ラインを使うことを心掛ければ、テニスをやる上での全身が協調した動作になります。

経絡治療の際も、症状ごとのマニュアルが無くとも 乱れたスジの協調を整える事が、その道の権威が長年の研究の末にたどり着いた施術箇所、順番だったりするのです。

 

テニスのフォアハンド以外の動作も 小腸ラインを運動線として使いますが、次回に続きます。

 

Follow me

-東長崎 南長崎 整骨院, 経絡

スジがいい    テニス編
この記事はいかがでしたでしょうか。
是非和いずむ経絡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしてください!

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)