院長の小浜です

先日の姿勢分析器による測定で、私の頭部は前方向へ60mmも偏位しているというデーターが出ました。

前方偏位が著しいせいか、顎の下がたるんでしまい、そんなに太っていないのに二重顎のようになってしまっています。そして背中〜首と弱体化したラインが顔に来て、ほおの胃、膵のたるみのラインに至るのだと思います。

顔トレも確かに部分改善にはなりますが、やはり根本からやるべきです

最近、僧帽筋等の首〜肩〜腕の後方の胃・膵ラインをJOYトレで強化していますが、ロープが弱体化して、前方へ傾いていた首というマストを、後ろへ引き戻してくれるような感じが出てきました。

腰のコルセット筋強化の次は、首のコルセット筋強化という話になるのでしょうか。

スジの調律は、マストという背骨に、スジというロープがついていて、ロープがたるみ過ぎの箇所(虚)、ロープが張り過ぎている箇所(実)のバランスを整えていくことに似ていると思います

マストを真っ直ぐにする為には、然るべき手順があるはずです。リアルタイムで変化していく帆船全体のロープの張り具合に応じて、調律するスジを変えていく必要もあります。

日常使う椅子や靴なども然るべきものを使った方がいいでしょうし、研究と併行して、自分のストレートネックを改善したいと考えています。

 

 

 

Follow me

-南長崎 整骨院, 東長崎 整骨院, 経絡

ストレートネック改善計画
この記事はいかがでしたでしょうか。
是非和いずむ経絡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしてください!

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)