以前箱根の会員制リゾートで働いていた時、政財界の大物や芸能人等のいわゆるセレブと呼ばれる方々を相手にしていました。スウィートルームなど、一泊10万以上の部屋に、バスを貸し切って家族でいらっしゃるなんてノリの方々なんですけどまぁお金があるから、そんな贅沢が出来るのだと考えますよね?

 

現在参加している勉強会でも「高いサービスをご自身でも受けてください」と言われます。

 

啓発本で、「潜在意識」「セルフイメージ」「マインドセット」等、心の在り方を変えれば、望む状況を引き寄せられるというようなジャンルがあります

マーケティングでもどんなにテクニックを学んでも、マインドが出来てなければ、ダメだと言われています。

 

巷には色々なマーケティングの形態があり、一概には言えないと思いますが、基本的な考え方として言えるのはセレブの方は「大きく稼いで、大きく使う」というマネーフローがあり、「お金は天下の回りもの」と言われますが、その循環が著しく良い訳です

対して いわゆる安い買い物しかしない人たちは「小さく稼いで、小さく使う(もしくはほとんど使わない)」というマネーフローになっています

経絡で言えば、循環が悪い訳です。ほとんど使わないとなれば、もう循環が滞っていて、色々な病気が起こる訳です

 

少ししか入ってこないから、少ししか使えないのは当たり前だと考えるかも知れませんが、果たしてそうでしょうか

 

これはただ悪循環から、抜けられない人の思考パターンに過ぎないと思い始めています

 

自分や、自分のする事に価値があると思っている人は、自分の売るものにも価値があると信じていますから、まず高く売ります。

 

そして自分の健康や身体は、高い価値のある治療やケアを受けて当たり前だと思っていますから、単価が高いサービスを受けます

 

このようなお金の循環が良い人は、同じような良い人と交流し、さらに自分のビジネスやマインドを高めていけます。

 

そして働きづくめじゃなくても、収入や余暇も十分にあり、旅行や趣味も楽しんで、人生を豊かに暮らします。

 

つまりスタート地点には「自分は尊重されてしかるべき人間だ」とマインドがある訳です

 

一方 幼少時に親から虐待、もしくは尊重されなかった、自尊心を育ててもらえなかった人は、上の好循環の逆パターンになります。

 

アルコール依存症も、肝臓など内臓を痛めつけ、自分と自分の健康を蔑ろにする行為が止められない訳です

保険依存症も、自分と、自分のする事に価値がないというマインドが、そうさせています。

 

今、私も賃貸マンションに住んでいますが、家賃が安いほど、騒音やゴミ捨てマナーなども出来ていない人が多く、仕事もそんな調子でやっているのだろうなと容易に推測出来、衣・食・住もそれに相応しいものなのだろうと思います。言い方悪いですけど「一事が万事」という事になります。

 

保険で安い価格で固定というのも、いわゆる家賃が安いマンションの住人を相手にするのと同じで、マナーが悪く、無理難題を言ってきて、挙句あそこは欠陥マンションだから、住まない方がいいなどと悪い噂を流されるというような展開になります けど大家とすれば住むなとは言えません。「そんな高い家賃は支払えない」「家賃を上げたら、誰も来なくなる」というのは、そんな人たちの言い分です。住人のレベルを上げたければ、マンションの改装だけではなく、家賃も上げないといけないのです。

治療熱心な治療家は、人のいい大家さんよろしく、家賃そのままで改装を繰り返し「内外装豪華だけど、高い家賃を払えない人のために貢献したい」と考えてしまいますが、家賃が安ければ、内外装も粗末でいいのです、そして内外装が豪華ならば、家賃も高くしなければ、本来住むべき人たちが住んでくれません。自分の技術に自信があり、客層を良くしたければ、価格をそれなりにしないといけないのです。価値のあるマンションに住みたければ、本人がマネーフローが良くなる努力をすべきであり、大家が価値のあるものを安くするべきではありません。

そして自分がマネーフローがいい人間になりたければ、マネーフローのいい人を相手にしないといけません。業界歴が5年くらいあれば、自費の最低ラインレベルの技術にはなっていますから、最低5千円は取れると思います。ましてや他の治療法よりも効果がありキャリアも申し分ないならば、それ以上で良い訳なのですが、まだ私のマインド回復がそこまで行っていません。マンションと異なり価値が目に見えないだけに、患者様の声を集めたりなどの証拠も必要になります。

ただマインドと、そのマインドが生み出す好循環は、「卵が先か 鶏が先か」のような関係であり、マインドを変えるのが難しいから、まずは「価格を上げる」「高いサービスを受ける」などマインドが高い人の行動を真似してみて、マインドを高めていくという手法なのですが、マインドが主で、その他はスレイブであることには変わりません。自らの主観が狂っている訳ですから、こんな悪循環に陥っている事さえ、絶対一人じゃ気付かないし、ましてやそのスパイラルから抜けられないですよねー

 

「依存症からの回復は一人では絶対成し得ない」と言われているように、客観的な視点をもらえる回復する為の環境が必要なのです。

 

 

 

 

 

 

 

Follow me

-マーケティング, 東長崎 南長崎 整骨院

マインドが主(あるじ)その他はスレイブ
この記事はいかがでしたでしょうか。
是非和いずむ経絡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしてください!

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)