先日保険診療から自費診療へ移行したいという記事を書きました。

施術時間や治療効果を縛る保険という足かせを外し、日々本当に納得のいく治療をやり、それを本当に必要としている人に来院して頂きたいという気持ちと裏腹にこれまで経験した事がない、値段をあげる事への罪悪感、恐怖との葛藤が半端ないです。

 

とある経営コンサルタントのブログで「潰れる整骨院、治療院の条件」というのがありました

 

いくつか御紹介すると

1.広告をしない 集客に無頓着 腕があれば集客は必要ないと考えている

2.ハードから入る 内外装にこだわり過ぎ、大事なのはソフトである患者さん

3.  戦略無し マーケティングの考え方が欠落

4.危機感ゼロ  保険の現在の状況を認識していない

5 職人  技術にこだわり過ぎる

 

これを見て、思わず笑ってしまいました。これはいよいよ変革の時期が来ているのかもしれませんね。

私もいい年ですが、必要とあるならば、変わっていきたいと考えています。

 

 

 

 

 

 

Follow me

-日常, 東長崎 南長崎 整骨院

マインドブロック
この記事はいかがでしたでしょうか。
是非和いずむ経絡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしてください!

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)