経絡12経の走行順序は、古典に記述があるものの、なぜこの順番なのかという理由には、何人も言及していません。

肺 → 大腸  →   胃   →    脾   →    心     →    小腸 ・・・・・   と12経絡が続きますが

私も、日々臨床で証をとると、イレギュラーが無い限り、虚(弱体化している)のスジが大体この順番で身体に現れます

患者さんの身体の声に従い、スジに現れる虚を順番に調律していくと、その道の権威の方が、長年の経験で培った治療の順番と、全く同じだったりする事を何度も経験しています。

解剖生理学の名付けられたモノとして切り離された身体のみを対象としていたり、時間軸の関連を全て見渡していないような視野では、及びもつかないような全き順番なのだろうと思っています

 

身体の声に従い、経絡の弱体化した箇所(虚)を、順番に強化していく

 

この仮説に従ったスジの強化を、私を含めた何名の方にトライしてもらってますが、日増しにこの仮説の正しさを裏付ける結果が出ています

メーカーさん指定のやり方は、3ヶ月でポッコリお腹を引き締め、体幹を強化するという意味ではいいと思いますが、私の経絡理論では、そんな慌ててお腹を凹ませなくてもいいし、アウターマッスルは後回しにしてでも、然るべき順番で、鍛えるべき場所を強化する方が効率的というのが、私の現時点での考えです。

 

先日計測した姿勢分析器のデーターでは、大腿&下腿の後面のハムストリングスやヒラメ筋などは肺・大腸に属し、現在、胃・膵のバランスのはずなのに、なぜ弱体化しているのか、測定器があてにならないのか?と思っていましたが

もしかしたら肺・大腸のバランスの際に、強化すべき箇所が弱体化したまま、残ってしまっているという解釈なのかもしれませんね

 

 

身体が強化を要求する虚を全て強化した時、何が起きるのでしょうか 今の自分には仮説も立てられませんが、楽しみです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me

-南長崎 整骨院, 東長崎 整骨院, 経絡, JOYトレ

全き順番
この記事はいかがでしたでしょうか。
是非和いずむ経絡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしてください!

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)