土曜日、定例の勉強会に行ってきました。

 

最初は偏見もありましたが、率直に言って、参加して本当に良かったと思っています。

普段はお互い、院の経営者ですから、孤立し素人経営で暗中模索しているのが、同じ悩みを持っているもの同士、すぐに連帯感を持つ事が出来るのですね。

 

そして実際に結果を出しているOBの方などの話も聞けたりして本来は経営者として、その場にふさわしくない今の自分レベルでも結果を出されている方々の場の気みたいものに、感化されて、引き上げて頂き最初、気が進まなかった事も、自然と行動してみようという気持ちに変わっていきます。

 

集団の中で、普段はオープンにしない経営の数字や方法論を、共有、自分と似た他の先生を客観視する事で、気付きがあり、問題点も見えてきます。

 

業界歴が1年のスタッフが高い単価で3桁の売り上げを出してるのに対して、業界歴何十年の先生方が、単価の安い保険でも、経営が成り立たず、閉院していく事実。

この差は前者が商売熱心とか悪徳な商売をしているからでしょうか。そうではなく技術の差があっても、保険の範疇に収まりきれない治療効果を明確にし、ふさわしい価格を決め、本当に必要としている人に認識してもらえるような自力本願な行動を、どれだけしているかの差ではないでしょうか。かたや宣伝無しの受け身で、保険で価格を決められ、本当に治療効果が必要でもない人が来て、外的な要因に全て決められ、自分不在のまま、院が沈んでいく。

私も以前、意地でも宣伝等は一切せずに、待ちの紹介による口コミだけで、宣伝を行なっている院を上回る結果を出すのが、自分のマンパワーみたいに思っていましたが、本来のターゲットでもない人も多く集めていました。

まぁ保険を使うならば、法令により広告とターゲットの制約が付きますから、自然とこの流れになるんですけど、失うものは大きいです。

経絡を何年も受けてる患者さんも、未だに経絡の事を良く理解していないのに、どうやって本当に経絡の効果を求めている人に口コミで伝わるのでしょうか?

自分で価値を決め、自分で宣伝して、自分のふさわしい患者さんを集めることを、これから全力でやりたいと思います。保険を使うせいで、外的な要因に全て決められ、自分不在のまま、院が沈んでいくなんて絶対嫌ですしね。

ただ口コミによる他力本願で底をつかなければ、そんな思い切った行動はとれなかったと思いますから、やはり然るべきタイミングがあるのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me

-日常, 東長崎 南長崎 整骨院

場の力と自力本願な行動
この記事はいかがでしたでしょうか。
是非和いずむ経絡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしてください!

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)