私のプロフィール( http://wa-ism-keiraku.com/profile/ )にも記したのですが、初めて経絡の驚くべき効果を目の当たりにし、そのカラクリを知りたいと、増永先生の著作を貪るように読み始めました。

その当時は治療院が横浜の方にあり、通勤時間が2時間位ありましたので、毎日小さな文字を懸命にマーキングしていたことを今でもおぼえています。

 

他の経絡をされている先生も言われていましたが、増永先生はお釈迦様のような存在だと言われています。

日々経絡の研鑽をし、10年、20年と臨床経験を積んで「 これは増永先生も発見していないものだ 」と意気込んでも、著作のどこかにちゃんと、記述があり、それまで自分のレベルが至らなかった為にその箇所に目が留まらなかっただけで、どこまで研鑽を積んでも、増永先生の手のひらの外にはいけない感じがあります。

増永先生の著作を読んでいると、古き良き日本にあったような人と人とのつながり、手技の根底にある手当の心、科学万能主義により失われていくもの 等 色々教えてくれます。

 

今後ブログでも、増永先生の著作をひもといていきたいと思っています。

私が小さな感動をおぼえた箇所をシェアし、みなさまにも経絡の魅力や、私の言葉では伝えきれない経絡のことをもっと知ってほしいと思います。

Follow me

-東長崎 南長崎 整骨院, 経絡

増永先生の著書をひもとく
この記事はいかがでしたでしょうか。
是非和いずむ経絡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしてください!

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)