院長の小浜です。

開業してからの初めての雪となりました。今日は休みですが、雪の中を和いずむに向かいます。

途中 スコップ購入。この後長靴も買いました。

今日はメーカーの方に雪の中お越しいただいて、peek a body と呼ばれる姿勢分析器の体験会を開いてもらいました。

まず機器のセッティングから

そして4方向から解剖学的肢位と呼ばれる、ニュートラルな姿勢から、どれだけズレているか、それぞれの方向から評価を行います。

全身の筋肉の拘縮、弱体化している度合いを色分けして、表示してくれます。3D表示で拡大縮小、360度回転して見る事が可能です。

暖色の箇所は拘縮しているので、ストレッチなどで緩める必要があり、寒色の箇所は弱体化しているので、emsなどによる強化が必要という用い方も出来るそうです。

 

前回行ったセミナーのエコーを用いたインナーマッスルの可視化もそうですが、患者さんと客観的な姿勢データーを共有する事は、私のように東洋医学の経絡をメインの手技に据えている人間にも、施術効果の証明として必要な事なのかもしれませんね。

《後編へ続く》

 

 

 

Follow me

-日常, 東長崎 整骨院

最新姿勢分析器 peek a body体験会 前編  
この記事はいかがでしたでしょうか。
是非和いずむ経絡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしてください!

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)