最近、私事のセミナーネタばかりで申し訳ないのですが、つくづく人は環境によって変わるという実感を深めています。

 

今はネット社会ですから、サイトやyou tubeなどの動画でも、経営コンサルの情報を得られます。

 

私もかなり前から、それらを見ていたのですが、凝り固まった頭では受け容れることも出来ず、こんなご時世ですから、お金儲けに熱心な人達なんだなと、批判的に見ていました。

 

今は大概、グループミーティング形式のコンサルを行っていますが、参加してわかったのですが、このシステムは本当に良く練られたシステムになっていると思います。

お互い同じような悩みで苦しみ、独り行き詰っていた同士なので、共感が半端ないですし、互いに励まし合い、結果を出した方が今度は講師になるなど、成長の喜びをシェアしていくので、障壁が何もなく、無限に成長していく環境になっています

まぁ昔からある寺子屋の実感教育を源流にした、他分野の経営塾のシステムを治療業界に持ち込んだのでしょうか。経営コンサルの方も師匠と呼ばれるメンターの教えを受け入れていて、成功者であるメンターと全く同じやり方でコンサルをしていますが、その素直さ&行動力が必要なんだと思います。

 

整骨院を開業して、独立するような先生は、治療以外にも自信があり、その実、経営の事は何もわかっていない人が多いと思いますが、自信過剰ともいえる我を捨て、素直に教えを乞えるかというところがキーポイントになるのですが、中途半場にうまくいっている時は無理だと思いますね。

 

雇われの研修時代は、単に技術を高めれば、それで道が開けましたが、今はもうこれ以上、狭量な自分のやり方では無理なのだ、自分は経営については何も知らないのだと自覚し、底をついた時から、何かが始まるのだ思います。

あとはそのうち良いことが起こると信じて、粘り強く行動し続ける事が大事なのでしょうか。

 

Follow me

-マーケティング, 東長崎 南長崎 整骨院

寺子屋的な
この記事はいかがでしたでしょうか。
是非和いずむ経絡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしてください!

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)