マッサージ等の刺激療法で、強く揉まれ過ぎて、身体が硬くなってしまっていて、感覚が鈍くなっている方がいます。

こんな方を15分の保険治療でやると、感覚が鈍いまま、終わっていまい、効果も満足感もなく、来院されなくなる方がいました。

私が以前、箱根にいた頃、湯治で有名な薬湯に入ったのですけど、これがぬるくて、身体にはいいのだろうけど、その後、凄く熱い大衆浴場に入り直した事があります。

凄い効果のある整体と、強揉みのリラクゼーションも、こんな関係があるのではないのでしょうか

中国整体の強揉み刺激の、身体の芯に効いたという満足感も捨てがたいのだと思います。

経絡はツボを押している内に血流がめぐってきます。この際、筋肉が硬くなっていると、少し時間が掛かります。

しかし一度巡ってくれば、どんどん感覚が戻り、マッサージにはない、ツボ独特の深い刺激が身体の芯に響いてきます。

自費で施術時間が長くなって、先ず感覚を戻してから、ツボを効かせられるようになったので、単に治療効果だけでなく、効いたという感覚をも出せるようになってきました。

血流そのままに表面の筋肉だけ、強く揉むのは、筋肉を徐々に硬くし、揉む側も強く揉まないといけなくなります。ツボで滞りをとり、熱をめぐらしながら、筋肉を柔らかくしていき、施術後も冷えて筋肉が硬くならないようにしないといけません。

ぬるいけど効能がある薬湯ではなく、ただ熱いだけの大衆浴場でもなく、凄い効能もありながら、身体の芯に効く満足感もあるのなら、それを選ばない理由はないと思います。

経絡がそんなプレミアム存在になれるよう、研鑽を続けていきます。

 

 

 

 

 

 

 

Follow me

-東長崎 南長崎 整骨院, 経絡

効能と満足感
この記事はいかがでしたでしょうか。
是非和いずむ経絡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしてください!

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)