私の行っている経絡治療は、最初セミナーや勉強会で基本の型、理論を習いましたが、その後は、個人で仮説を立てて、臨床で検証し、数をこなして、自分の治療を体系化していくというスタイルでやってきました。

元々鍼灸の経絡治療と異なり、施術者自体が他の治療法と比べて、圧倒的に少ない事もあり、色々な研修先を経験しましたが、手技で経絡理論をベースにした先生というのは1人もいませんでした。

ここのところ、勉強会に参加してみて、自分1人の枠というものは、本当に狭いという事を思い知らされ、またアウトプットをし、互いに意見を交換し、自身の思い込みの修正や異なる視点での気付きを得る必要性を感じています。

従って、これからは、積極的に私が続けてきた経絡治療を世に問う開放系の活動をしていきたいと考えています。自らを開いていき、井の中の蛙を止め、当初は、自分が望んでいる評価が得られなくとも、恐れずに開いていき、現在の自分の力を正しく認識し、そこからまたリスタートをする

講演やセミナー、教室、勉強会など、アウトプットし、必要とあらば、私が教えてでも、互いに研鑽し合える環境を築いていきたいです。

 

 

 

Follow me

-東長崎 南長崎 整骨院, 経絡

経絡の講演・セミナー・勉強会
この記事はいかがでしたでしょうか。
是非和いずむ経絡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしてください!

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)