手探りで始めた胃・膵トレ

脚は大腿四頭筋の内外の胃・膵ラインの滞っている場所にパッドを貼っているのですが、やり始めは、大腿後面の肺・大腸ラインが温かくなってきて、強度を上げていくと、膝の下のクッションをぐーっと圧し潰し、膝を曲げようにもきつくて伸ばされてしまう。そのままにしてると脚の背面がかなりストレッチされました。

お腹はおへそ&10、11胸椎の箇所にパッドをつけるのですが、いい案配に前後から体幹が伸ばされるのを感じました。

終わってから立ち上がってみると、大腿後面がかなり伸ばされたのと、パッドを貼った前面の大腿四頭筋が強化されれば、より伸びやかにしっかりと立てる感じ。加えて体幹のパッドの場所が、今まで鍛えていた箇所が、さらに上ってきて、背骨の真っすぐが強まる感じでした。

しかしこれまでの肺・大腸のコルセット筋の強化があってこその好感触な気がしますね。ただ今日の胃・膵ライントレはやってて、気持ちが良かったです。膵のお腹の箇所を固定し、太ももの膵のスジを伸ばす経絡伸展法をしてもらい、循環が悪かったスジが満たされたような感じ。

もしかしたら、診断が出来れば、JOYトレで経絡セルフ治療が出来るかもしれないですね。

 

 

Follow me

-東長崎 整骨院, 経絡, JOYトレ

胃・膵トレ 好感触
この記事はいかがでしたでしょうか。
是非和いずむ経絡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしてください!

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)