来月の5月16日で 皆様のおかげをもちまして、当院も2周年を迎えることになります。

 

研修時代から経絡を受けて頂いていた方も、継続して多数ご来院頂き、またさらにその方からご紹介もして頂けたので、本当に何一つ自分でする事なく軌道にのり、他力本願でここまで来てしまったのかもしれません。反面、雇われていた頃の感覚で、ズルズル来てしまった弊害も少なからずあると感じています。

 

深層部の調整をする経絡は、どうしても安定した持続圧が必要なのですが、表面の筋肉を対象にしたマッサージや指圧は、リズミカルに圧迫を繰り返す方法で、巷のリラクゼーションや整骨院など、ほとんどがこの方法で、施術を行っています。

私も勤務先のホテルや整骨院で、周囲と異なるやり方を戒められ、経絡の効果を認められてからも、まずは一通りマッサージをやってから、経絡をして欲しいと経営者から再三注意を受けていました。

 

結果的にマッサージが好きな方は、マッサージの割合を増やして、経絡もやるというような、慰安と治療が中途半端に混在するような手になってしまっていて、ちょっと例えが違うかもしれませんが、計盛先生が好きな辛うまラーメンの中本が、お客さんによって普通のラーメンも出すような感じになっているのかもしれません

 

2周年を迎えるにあたり、雇われていた頃の感覚を脱し、経営者として自覚を持って、今一度経絡に取り組もうと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me

-東長崎 南長崎 整骨院, 経絡

開院 2周年を迎えるにあたり
この記事はいかがでしたでしょうか。
是非和いずむ経絡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしてください!

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)