筋膜リリースの第一人者の竹井仁先生は、骨そのものの構造的な側弯でなく、筋、筋膜のインバランスなどの機能的な問題に起因する側弯症の事を非構築性脊柱側弯症と呼ばれ、著書で解説されています。

短縮、優勢になりやすい筋 延長、弱化しやすい筋という区分けは、姿勢分析器と同じですね 経絡の虚実と同じようなバランス把握の方法論は、筋膜リリースのものなのでしょうか?

 

経絡治療ならば、側湾症は「 三焦虚 腎実 」の証で 三焦のスジの箇所の弱化 腎のスジの箇所にコリが出るバランスになります。

経絡理論の教えるところだと、弱化している箇所の循環を改善出来れば、コリの箇所は身体バランスの回復により、揉んだりしなくとも自然と解消します

となれば、竹井先生の言う弱化している箇所をバーンコアにより、強化を施せば、左右のアンバランスが改善し、固定も出来ると言う仮説になると思います。

 

循環が落ち、該当箇所の筋の機能低下を、調整により、ニュートラルにまでは引き上げられていたと思うのですが、強化という考え方はありませんでした。

まぁこんなピンポイントで深層部の循環を上げながら、強化できる機器も知りませんでしたし、仕方がなかったのです

 

ただ今後、姿勢分析器はどうしても導入したいですね 姿勢の歪みとアウターマッスル、インナーマッスルとの相関関係を知りたいですし、

疾患ごとのデーターの蓄積 強化による段階的な姿勢の変化の過程も観たいですからね

 

 

 

 

 

Follow me

-東長崎 南長崎 整骨院, 経絡, 経絡トレ

非構築性脊柱側弯症
この記事はいかがでしたでしょうか。
是非和いずむ経絡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしてください!

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)