昨日は仕事が終わって、e-トレをやり、事務などをやっていたら

いつの間にか 夜の10時をまわってしまっていましたが、ポスティングに出ました。

 

途中雨が降ってきて、そのうちどしゃ降りに。

仕方なくマンションに天宿りする事にしました。

 

夜の宿直の管理人さんがいて

「 こんばんはー 」と挨拶

 

「ここチラシ入れさせて頂いて宜しいですか」と聞くと

 

「うーん 入れないようにって、言われてるんだよね」と管理人さん

 

「 そうですか  実は私、南口で整骨院やってまして・・・・」としばらく世間話

 

「 この管理人室の前でよければ、置いといてくれれば、俺が渡してやるよ」

 

「え!ほんとですか?  有難うございます!」

 

 

マンションを後にして、夜の0時をまわり、ずぶ濡れになりながら、さらにポスティングを続けたのですが、なんかとても清々しい気持ちになりました。

 

これまで患者さんは、人が紹介してくれるもので、自分で営業したり、宣伝するのは、技術がない証拠、ましてやお願いしてチラシを置いてもらうなんて、自分がする事じゃないと思っていました。まあ法令での制限があるので、そうならざるを得ないのですが、保険制度って色々なトラップがある気がします。

 

どうしてもやらないといけないのなら、自分自らでなく、新聞折り込みや業者に任せようと考えていたのですが、深夜自分で汗水垂らして、ずぶ濡れになりながらポスティングしていて、自分の中で何かが変わり始めている気がしました。

 

たかがポスティングですけど、しばらく人に頼まず、自分で汗水垂らしてやろうと思います。

 

その翌日、早速新患さんが来てくれました。

なんかとても有難く感じられたのですが、しかしこれが本来の形なんだろうと思いました。

 

人にやってもらっているうちに、おごりが出て、いつの間にか当たり前の事を、当たり前に考えられなくなっていたのかもしれませんね。

 

 

Follow me

-日常, 東長崎 南長崎 整骨院

雨の中の
この記事はいかがでしたでしょうか。
是非和いずむ経絡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしてください!

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)