joyトレとは

当院が昨年の8月に導入した「お腹にパッドを貼って、寝たまま20分で 体幹トレーニングが出来る」というコースです

関西を中心に口コミで広がり、わずか1年半で230台導入という実績があり、実際導入した関西の同業の友人からも効果を聞いていて、また商圏エリア制をとっているということもあり、豊島区で初導入致しました。

全国の整骨院や治療院などの身体のプロが導入し、口コミ等で評判が広がり、供給が追いつかず、欠品状態になるなどが、効果の程を物語っています。

JOYトレで使用する機器 バーンコア

当院で実際に導入してもみて

先ず自ら患者さんに先んじて、実践しました。

食事も夜は炭水化物をカットし、蛋白質を多く摂ることを心掛ける以外は何もしなかったのですが、3ヶ月でズボンがゆるゆるになり、体幹部のアウター、インナーとも効果があったと思います。

 

 

患者さんの変化は?

JOYトレは食事指導が無いので、結局食べてしまっていて、痩身効果を出すのは難しかったと思います。結果それまで頻繁に腰痛が出ていた方がコルセットをしなくてもよくなったり、当院の治療という目的に沿った目的のだけになりました。姿勢維持筋であるインナーマッスルを体幹以外の箇所でも応用して、側弯症や自身のストレートネックの改善に効果がみられました

もしかしてこれこそがJOYトレの真価では!?

痩身効果以外にも、様々な効果のあるJOYトレですが、一番即効性があり、効果があったのは、ストレートネックによる首肩のコリです。

それまでデスクワークで、1日でも首肩のコリをゆるめないと、片側の肩が上がってしまうほど、コリが出て、ひどい時は気分が悪くなったりしていました。その方は整形外科でストレートネックと言わていて、特に何もやれる事はないとの事でした。

ストレートネックの改善目的で、お試しでJOYトレをして頂いたところ、なんと一回で、あれほど苦しまれていた首肩のコリが楽になったのです。それまで常に巻き肩になっていて、肩の力が抜けずにいたのが、左右の肩の高さがそろい、力も抜けるようになったのです

なぜ一回の強化で効果が出たのか?

ストレートネックは首のみの症状ではありません。お腹のインナーマッスルが弱いと、腹圧が弱くなり、腰椎が前方へ偏移します。あとは連動して、猫背、ストレートネックと負の連鎖が起こります。

頭部が前方へズレるだけで、首への負担は増大すると言われます。ストレートネックの肩が、仕事や家事などを、前屈みの姿勢で長時間行えば、当たり前のように首肩の筋肉が耐えられずガチガチになります。

そんな時、街中のリラクゼーションやマッサージで、首肩の筋肉のコリをほぐしてもらいにいくのが一般的だと思うのですが、身体は強い刺激が掛かるほど、揉まれダコが出来て、どんどん硬くなってしまいます。症状だけ取ろうとして、薬を飲んでいると、段々効かなくなり、量や強さを増やさないと効かなくなってくるのと同様です。

では根本から治療しますという整体ならどうでしょうか?

姿勢の歪みが原因のしわ寄せとしてのコリは、確かに骨盤を中心とした調整で楽になると思います。ただ前屈みでデスクワークを行えば、すぐに元に戻ったと思います。なぜかと言えば、原因が姿勢維持筋の筋力不足であるからです。