筋膜リリースの第一人者の竹井仁先生は、骨そのものの構造的な側弯でなく、筋、筋膜のインバランスなどの機能的な問題に起因する側弯症の事を非構築性脊柱側弯症と呼ばれ、著書で解説されています。 短縮、優勢になりやすい筋 延長、弱化しやすい筋という区分けは、姿勢分析器と同じですね 経絡の虚実と同じようなバラン…