ブログ

ツボ用語

スジとツボの治療である経絡治療ですが、日常的に使う言葉にもなっていて、なかなか深い意味があり、考えさせられます。いずれ講演等のネタにもする予定ですが、今日はいくつかみなさんにご紹介したいと思います。 ツボにハマる:大事なポイントをおさえている・狙った通りの結果になる ・刺激が人の感情を強く刺激する …

本当は凄い体操

朝 ラジオ体操を公園や家でされている方は、とても多いと思います 国民体操と言われるだけあり、確かに物凄く練られた体操という感があります   ところでみなさんは、経絡体操を御存知でしょうか   これ 実は凄い体操なんですよ   デスクワークや家事など、日常生活で使用し、縮…

経絡の講演・セミナー・勉強会

私の行っている経絡治療は、最初セミナーや勉強会で基本の型、理論を習いましたが、その後は、個人で仮説を立てて、臨床で検証し、数をこなして、自分の治療を体系化していくというスタイルでやってきました。 元々鍼灸の経絡治療と異なり、施術者自体が他の治療法と比べて、圧倒的に少ない事もあり、色々な研修先を経験し…

違いを創る そして伝える

保険診療から自費診療に移行が進むにつれて、色々気付かされることが日々あります   通常の保険診療ですと、数をこなさなければいけないので、スタッフが3人以上いて、移動の邪魔になるので、ベッドの幅も狭くて、仕切りのカーテンもない 1人あたりの診療時間も限られているので、問診もそこそこ 頻繁に来…

スタンダードな技術

理学療法士の某有名コンサルの方の動画を何気なく見ていたんですけど、筋膜リリースによる内臓調整テクニックの話を聞いていて、腹部の触診などの経絡の技術を、自分のフィールドから結構なアプローチが出来ていると感じました。 インナーマッスルという切り口でも、かなり経絡をまた違う側面から、とらえ直すことが出来て…

自費移行の理念

ホームページのフロントページに、自費移行の理念を追加しました   現在当院が推し進めている保険診療から、自費治療への移行。開業当初から通って頂いている患者さんへの申し訳ないという思いなどから、勉強会でもなかなか移行に踏み切れない先生がいます。 私には自費治療に移行しなくてはいけない大きな理…

第一話 子供の足

増永静人先生の著作をひもとくシリーズの1回目は「治療百話」の第一話 「子供の足」です。     増永静人著「治療百話」より つい先日のこと、足が痛いと言って4歳の男の子が母親に背負われてきた。歩かせてみると左足を爪先立ててビッコを引く。これはアキレス腱がつれて踵がつけないのだから…

増永先生の著書をひもとく

私のプロフィール( http://wa-ism-keiraku.com/profile/ )にも記したのですが、初めて経絡の驚くべき効果を目の当たりにし、そのカラクリを知りたいと、増永先生の著作を貪るように読み始めました。 その当時は治療院が横浜の方にあり、通勤時間が2時間位ありましたので、毎日小さ…

切診の手引

院内に切診の手引の抜粋したものを紹介しています。   12本のスジの虚実で、経絡は身体の歪みを調べます。 写真のように、肺虚小腸実というのは、肺のスジの循環が悪く、ハリがぬけていて、急所のツボが点在していて、かつ小腸のスジにコリがあると、風邪による下痢や肺結核が身体に起きます。 私は最初、…

商標登録証

弁理士さんから、商標登録証が届きました なんか   和いずむ の字が小さい 笑 早速 壁に飾ってみました。 今、第2の開業ともいうべき自費移行を進めています。 やはり自費治療は、効果を出さないと、それだけの対価を頂けない訳なので、慰安色をどんどん抜いていき、治療に特化した手に変えていく必要があると思…

今すぐ電話で予約