ブログ

不足不満を補う

経絡指圧の祖 増永静人先生は著作の中で   「 病気を治すのは、患者の自然治癒力であり、私たちの指圧によってではない。診断を的確に行うことは、患者の治癒力を完全に働かすことになり 診断はその診断の認識を患者の体に直に指示していく行為に過ぎない」と述べられています。   我々治療家…

早速の成果

経絡治療を、自費でやると決意して、まだ間もないですけど、お試しコースが済み、今日初めて自費コースで継続予約を頂けました。 早速自力本願な行動が実り、なんかとても満たされました。。。今日の患者さんの事は忘れないでしょう。 あとポスティングやり始めてから、HPのアクセス数が。。。凄く伸びてます。行動し始…

経絡治療というトレーニング

ツボを結んだ線であるスジ 経絡は循環が低下すると、表面のハリが抜けて、奥がこわばっていて、該当箇所の筋肉の踏ん張りが効かなくなっています。 急所の箇所は表面のハリが抜けているから、深い箇所の指圧が出来、深層筋であるインナーマッスルを緩められるのです。 アウターマッスルを指圧する、あん摩の圧迫法ではな…

患者様の声

研修時代から、経絡治療を受けて頂いている患者さんの声を頂けましたので、ここにご紹介します。 年齢の為、一度は引退されたものの、経絡を受けるようになってから、試合の後半まで足が動くようになり、国内のランキング大会に復活。肩甲骨の動きが改善され、サーブも速くなったそうです。 年齢差30歳の若い現役のプレ…

核となるもの

整骨院や治療院は施術時間が比較的長いという事もあり、メインの治療技術が良い事は当然として、自分や周囲のスタッフのモチベーションなどの要素も、大きく患者さんの増減に関わっているのを、目の当たりにしてきました。 施術効果がある程度の水準を満たしていて、1人1人の患者さんに対して、丁寧に誠意を持って接して…

e-トレ&経絡による側弯症の改善

以前ブログでems による側弯症治療の記事を書きました。 http://wa-ism-keiraku.com/%e9%9d%9e%e6%a7%8b%e7%af%89%e6%80%a7%e8%84%8a%e6%9f%b1%e5%81%b4%e5%bc%af%e7%97%87/ 当院の側弯症の患者さんは…

開院 2周年を迎えるにあたり

来月の5月16日で 皆様のおかげをもちまして、当院も2周年を迎えることになります。   研修時代から経絡を受けて頂いていた方も、継続して多数ご来院頂き、またさらにその方からご紹介もして頂けたので、本当に何一つ自分でする事なく軌道にのり、他力本願でここまで来てしまったのかもしれません。反面、…

非構築性脊柱側弯症

筋膜リリースの第一人者の竹井仁先生は、骨そのものの構造的な側弯でなく、筋、筋膜のインバランスなどの機能的な問題に起因する側弯症の事を非構築性脊柱側弯症と呼ばれ、著書で解説されています。 短縮、優勢になりやすい筋 延長、弱化しやすい筋という区分けは、姿勢分析器と同じですね 経絡の虚実と同じようなバラン…

姿勢再測定

先日体験会をして頂いた姿勢測定器のメーカーの方に peek a body のレンタル機貸し出しの為、お越し頂きました。 前回の測定 1月22日のデーター なんと60ミリもの頚椎の前方のズレ 筋肉の状態も正常値がほとんどありませんでした そこでJOYトレから、循環が落ちている箇所を強化する経絡トレーニ…

新コース告知②

新コース告知の別バージョンです 和いずむに来院される患者さんにも、家事やデスクワークで、首のコルセット筋の筋力不足で、マッサージや治療をしても、すぐに使い過ぎのガチガチ状態になってしまう人がいらっしゃっいます。 かくいう私自身もそうで、背中の肺の面の箇所の強化、僧帽筋や菱形筋の強化で、日常生活での首…

今すぐ電話で予約