ブログ

JOYトレ コンテスト 受賞者発表

JOYトレの藤原さんから、メッセージが来ていたのですが、その写真がJOYトレコンテストの受賞者の方の写真とはつゆ知らず、サイトを見たら、何気にコンテストの結果が発表されていました 第一回JOYトレコンテスト受賞者発表!! 第一回という事は、二回目もあるという事ですよねー  これは計盛先生にグランプリ…

肉体改造計画

院長の小浜です 明けましておめでとうございます。 1月4日から計盛先生との2人体制が始まりましたが、先ずやらないといけない事があります・・・・・それは計盛先生のお腹です。彼のお腹は、JOYトレを導入している店として有り得ません。店的にピンチです 笑 8年前に箱根で一緒に働いていた頃、ほぼ同じくらいの…

患者さんの生の声

Joyトレと経絡を受けて頂いているGさんに、広告で煮詰まっている旨を伝えたら、体験談を書いて頂けて、掲載の許可を頂いたので、ここにご紹介したいと思います。  

胃・膵トレ 好感触

手探りで始めた胃・膵トレ 脚は大腿四頭筋の内外の胃・膵ラインの滞っている場所にパッドを貼っているのですが、やり始めは、大腿後面の肺・大腸ラインが温かくなってきて、強度を上げていくと、膝の下のクッションをぐーっと圧し潰し、膝を曲げようにもきつくて伸ばされてしまう。そのままにしてると脚の背面がかなりスト…

胃・膵ライントレ

最近、胃・膵の症状が出始めています。 主な症状としては膵の機能が低下すると、唾液の分泌が低下するので、口の中が乾きます。先日あられを食べていたら、口腔内にこびりついてしまい、そんな事は初めてだったので、驚いてしまいました。 あとは大腿四頭筋の筋力低下 そしておへその膵ゾーンの弾力が落ちて、お腹が出っ…

最新運動理論としての和イズム

以前、紹介した肥田式強健術 武道家や治療家がこぞって、奥義を体得しようとして実践を試みましたが、創始者の肥田春充先生以外には、ほとんど奥義を体得した人はいないのではないでしょうか。 私も研究会に熱心に通って、自分でも色々な工夫をしてみましたが、ともかく難しい。長く実践している研究会の会員さんでも、私…

和イズムなトレーニング

平田内蔵吉先生 「治病強健術・熱鍼療法全集」より   万人一様の西洋式トレーニングのアンチテーゼとしての和イズム 色々な疾患に対して、それぞれ適用する経絡があるのですから、鍛錬する場合にも、一々自己の弱点である処を自覚して、それに適するように経絡を動かして、心身の調和を計らねばならないので…

JOYトレ 次なるステップ

これまで、身体のセンサーが鋭い患者さんが、次なる進むべき道を拓いてくれました。 経絡の施術効果もさることながら、JOYトレでも前と脇の両方とも10の強さに到達したFさん。 「最近、なんかここら辺が伸びてる気がするのよねー」というので、調べてみると胃、脾臓、膵臓ラインの場所です。 経絡でも、現時点で一…

呼吸法の併用

以前、ブログで和の丹田鍛錬法の肥田式強健術を紹介しました。この鍛錬法は丹田呼吸法をどの操法でも併用します。   今、以前の研修先で一緒だった先生がJOYトレを受けに来ているのですが、腹式呼吸を併用すると効き方が全然違うというのです。 ハンカチを忘れたそうで、顔から汗が滝のように流れています…

遅ればせながら。。。

これまで私自身、共用パッドによるJOYトレを行い、3ヵ月が過ぎました。 共用パッドは昼休みに粘着面の油分等をクリーナーで洗浄していますし、約1ヵ月で交換するので、問題無いと使っていましたが、3ヵ月経ってみて、やはり共用パッドは1日多くの方が使用するのでヘタって来ますし、トレーニングの質や肌への均一な…

今すぐ電話で予約