ブログ

経絡治療というトレーニング

ツボを結んだ線であるスジ 経絡は循環が低下すると、表面のハリが抜けて、奥がこわばっていて、該当箇所の筋肉の踏ん張りが効かなくなっています。 急所の箇所は表面のハリが抜けているから、深い箇所の指圧が出来、深層筋であるインナーマッスルを緩められるのです。 アウターマッスルを指圧する、あん摩の圧迫法ではな…

和いずむ e-トレ部

以前御紹介した「関トレ」の著者の笹川先生に、emsによる関節の強化について尋ねたところ、ご回答頂き、ご本人から承諾を頂けたので、ここに御紹介したいと思います。 「 emsでも関トレで紹介している筋肉に対して、強い電気を与えると筋緊張が改善していきます。とくに脳卒中の肩手症候群になった人には有効です。…

腹筋ローラー

お手頃な値段で、腹筋運動が出来るアブローラーというものがあります。 テレビでガクトがやっていたいうと割と皆さんわかるみたいです。 現在ネットにも、一般の方が、アブローラーをやっている動画が沢山上がっています。 膝をついて行うのが膝コロ、立って行うのが立ちコロというみたいで 立ちコロは動画のように、フ…

全身型emsスーツ

いつもお世話になっている医療機器の営業の方から、「肌にじかにパッドを貼らない全身型emsスーツが開発されていて、専用スタジオもあるのを知ってますか?」 と聞かれました。 早速調べてみるとありました。 このボディスーツに電気が流れるパッドが内臓されているのですが、さながらバイクのプロテクタースーツのよ…

施術家の身体

施術家自身の身体というのは、建築家でいえば住んでいる家、ファッションデザイナーでいえば、身につけている服のような、良くも悪くも、自身の施術のレベルをトータルに映す鏡だと思います。 退職した計盛先生にしても、私と会っていなかった6年間で、およそ30キロ太っていたわけですが、体幹が弱っていて、内臓が下垂…

スマホケース

開業当初は、忙しさにかまけて何の運動もしていなくて、周囲から太った?との声が出始めたので、ちょっとランニングでもしようかと走ってみたのですが、身体が重く、古傷の右膝が痛み、腰も着地の度にのけぞってしまい、すぐあきらめました。 e-トレを始めて10ヶ月が経ち、体幹を始め、膝の固定筋も強化していて、歩き…

関節トレーニング

予約のとれない理学療法士の笹川氏の著作である「関トレ」 笹川氏は運動の専門家である理学療法士で、整形外科でたくさんの患者さんのリハビリを教科書通りにやっていても、関節の痛みを改善出来ないという状況に行き詰まり、関節を守る筋力をつける関トレを考案されたそうです。   笹川氏は著作の中で 「 …

拮抗筋トレーニング

前回は結局のところ巻き込まれた形で、私まで不快な記事を書いてしまい、申し訳ありませんでした。さて気を取り直して更新することにします。 現在、自分の身体を使って、e-トレの効果的な方法論を日々試行錯誤していますが、emsで伸筋屈筋の拮抗筋を同時に収縮させると、関節がニュートラルな状態で大迫半端ない刺激…

e-トレの位置付け

医療用emsであるe-トレが部分的に、ましてや電気で筋肉を収縮させても、効果がないという声があります では e-トレで腰痛の頻度が減った方が 長年全身運動であるウォーキングをしていたのに、一向に腰痛は改善されなかったというのはなぜでしょうか? 逆に痛みがある腰をかばって、膝に痛みが出たりしています。…

ハリを創るトレーニング

通常筋トレをやっても、見た目や筋力が強くなるには、ある程度の時間が必要です。 ところが下腿など脚部の、e-トレで鍛えた箇所が、すぐにハリが出て、歩行時の踏んばれる実感がすぐに感じられたりします。これはなぜかというと、もともとついている筋肉の循環が低下していて、肌のハリと筋力が低下していたのが、元に戻…