JOYトレのチラシを作っています。

 

以前プログでもご紹介しましたが、当初3ヶ月でお腹を締めましょうというライザップ的なキャッチフレーズで、既存の患者さんに勧め、私を含めて一応の効果をみましたが、残念ながら食事指導を伴わないダイエットには、無理があったと思います。

 

そんな中、お腹を凹ます目的でされていた方が、だんだん腰痛が出なくなり、腰痛予防目的でしているという方達が自然と残りました。

 

そしてさらに、一日でも治療をしないと、首から肩がガチガチになってしまい、左右の肩の高さが違うほどに固まってしまっていた方が、ストレートネックの改善目的で、始めたところ、数回で、お腹に力を入れる場所を意識出来るようになり、肩の力が抜けて、デスクワーク中も楽になるという現象が起きました。

 

 

これは本当に驚きました。もう10年以上、気持ち悪くなるほどガチガチだったというのが嘘みたいでした。正直最初は、何かの拍子になっただけで、たまたまと思ったのですが、その状態はそのあとも続きました。

 

自分の経絡よりも、このストレートネックによる首肩のコリを無くすという意味では上回っています。例え機器であれ、優れているものは認めないといけません。

以前掲げていた【 治療ジャンルの越えられない壁】である強化の効果ということなんだと思います。原因が体幹の筋力不足にあるなら、治療でなく強化が必要なのです。( ベンチプレスやスクワットなど動作筋の強化ではありません 動作筋を過剰に鍛えるほどインナーは使えなくなります)

経絡でも確かに治り、楽にはなるのですが、デスクワークで長い時間、頭の重さを支えていると、姿勢維持筋の弱さにより、またすぐこってしまっていたのが、体幹を鍛える事で、姿勢が変わり、ストレートネックによる首の負荷が減って、仕事中も楽に仕事が出来るようになった。

 

当院で改善された方々も、それまでは、コリの辛さに耐えられず、マッサージに通い、強く揉まれて、ますますガチガチになったり、対症療法的に首に鍼を打ったりされるなどを繰り返していたそうです。

 

どのようなパターンのストレートネックによる、つらい首肩コリの方を改善出来るのか、検証が必要ですが、治療&リラクゼーションが楽になるのは、やった直後だけということを考えると、日常的に楽になれる姿勢維持筋の強化は福音と言えます。

激安リラクゼーションやマッサージ整骨院に足繁く通い、揉まれる側の身体がどんどん硬くなってしまうのも問題ですが、揉む側がどんどん強く揉まないといけなくなり、身体を壊していくというのも問題です。

私も研修時代、本当に体力的にしんどかったです。

 

現在emsは家庭用、業務用と多くの機器があり、アウターだけしか効かないものなど様々な種類があり、今ひとつ何に効くのかが曖昧になっています。我々柔道整復師というと、身体の専門家だから何でも知っているような印象があるかもしれませんが、emsの事は学校で何も学んでいないですし、自院で導入していないのなら、ネットで得られる程度の知識しかないと思って下さい。私自身も導入後に、メーカーの方からも教えられていない効果を日々の実践で色々発見しました。

経絡同様、JOYトレが他のサービスよりも、卓越している点はどこなのか?そしてどんな方を幸せに出来るのか、明確にしなければなりません。

 

これまでの自分のように、大して卓越してもいない点を、大して必要としていない人に売ってはいけないわけで、その方法論がマーケティングであり、いわばどんな才能も適材適所でなければ、意味が無いわけで、自身が、世の人と経絡やJOYトレのベストマッチングを果たすコーディネーターにならないといけないのだと思います。

 

 

 

 

 

 

Follow me

-マーケティング, 東長崎 南長崎 整骨院, JOYトレ

JOYトレを活かす道
この記事はいかがでしたでしょうか。
是非和いずむ経絡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしてください!

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)