なぜ今、保険診療から自費治療へ移行するのか 

 

元々保険診療は外傷いわゆるケガにのみ適応されるものであり、肩こりなど慢性疾患に保険は使えないのですが、一般的に肩関節捻挫などの傷病名をつけて、保険診療が行なわれているようです。

当院では、このようなグレーゾーンでの診療は行いたくないことも十分に自費へ移行する理由になるのですが

 

身体をモノとして修理する治療から、脱却したい

 

というのが一番の理由です

現在の医療は高度に専門化され、細分化され、外科や内科、精神科といったように身体を科に分けて治療を行っています。

もちろん整骨院の開業資格である柔道整復師も、いわゆる解剖生理学をベースにしたカリキュラムを履修し、国家資格を取得しています。

保険診療の適応範囲である骨折、脱臼、捻挫、打撲等は、身体を骨や筋肉、靭帯といった部品で組み立てられたモノとみなし、整復や固定などモノを修理するがごとく処置を行います。

ところがモノとしての修理が済めば、身体は一つの生態系になります。内臓の働きの低下が、筋肉の冷えとして反映されたり、精神的な影響も身体に出るのです。

 

また気圧など、環境の変化で腰痛や呼吸器疾患が出るなど、環境とも圧で繋がっていて、経絡治療も体表へ加わえる圧のさじ加減で、内臓から筋肉まで循環の調整をします。

 

経絡は圧で人とつながり、圧で循環が断たれた身体をつなぐのです。

 

保険診療は部位ごとの請求など、モノとして身体を部分的に修理するシステムに合わせないといけないのですが、経絡治療は保険制度に合わないのです

 

自費診療なら、分科の弊害や制約からはずれることが出来、身体を分けられない丸ごと一つの生態系として、生きた身体の治療が出来る経絡治療の真価を発揮できるのです

 

-

保険診療から、自費診療へ移行する理念について
この記事はいかがでしたでしょうか。
是非和いずむ経絡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしてください!