60代までは、大病をする事なく会社運営のこと、ロータリー関係と忙しく日々過ごしていました。

2009年

「 身体を休めなさい」とばかりに、胸部大動脈破裂でステントグラフト内挿入術に始まり、慢性閉塞性肺疾患、間質性肺炎の発症と立て続けに病院のお世話になり

1ヶ月1回の通院で薬を頼らないとならない生活となりました。心臓の方は何事もなく経過していますが、肺の方は酸素ボンベの携帯が必要となっています。

2015年

徳洲会にいらした森 孝氏と有難い出会いを頂き、「経絡治療」をしていらっしゃる小浜 勇先生を紹介して頂き、施術をして頂いております。

肺の機能を高める施術を始め、呼吸の方法などを指導してもらっています。住まいが札幌なので、頻繁には通えませんが、上京の折には必ず寄せて頂き、楽になれる呼吸法等指導してもらっています。

又、自宅でも楽になれる呼吸法等、実行しています。肺の機能も改善している様に感じております。

小浜先生は、身体の現状況を丁寧に説明してくれて、また私からの質問にも分かりやすく理路整然と答えてくださるので、安心して施術して頂いております。先生は、患者さんとの信頼関係をとても大切にしていらっしゃいます。

-

戸部 謙一様  札幌在住 80歳 元在札幌フィリピン共和国名誉領事
この記事はいかがでしたでしょうか。
是非和いずむ経絡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしてください!